受付・待合室
院内は柔らかいライトグリーンで統一し、明るく清潔な状態を心がけております。
待合室には雑誌などをご用意しております。リラックスしてお待ち下さい。
待合室
空気清浄器

加湿空気清浄器

シャープの加湿空気清浄器KC-W80-Wを設置しています。
自然界にあるのと同じ+(プラス)と−(マイナス)のイオンをプラズマ放電により作り出し放出します。 浮遊するカビ菌やウイルスを空中で分解・除去する空中除菌技術を備えており、空気をいつでも清潔に保ち、患者様の健康を守ります。
診察室・処置室
診察室・電子カルテ・処置室
患者様をより良く理解する為に、症状を出来るだけ詳しくお聞きし、ご理解頂けるまで、判り易い言葉で、丁寧にご説明致します。

電子カルテシステム

ラボテック社製の電子カルテシステムを導入致しました。受付から診察、検査、会計まで一括管理ができ、よりスムーズな診療が可能となります。 また検査センターとのISDN専用回線での血液検査データのオンライン化により、一般的な検査なら、検査翌日に結果を説明することが可能になっております。

画像ファイリングシステム

コニカミノルタ社製の画像ファイリングシステムを導入致しました。内視鏡画像、超音波検査画像、レントゲン画像をすべて画像ファイリングシステムにより一括管理致します。 診察室のモニターに画像を提示し、皆様に画面をご覧頂きながら、判り易くご説明致します。
 
 
心電計・低反発ベッド

心電計

フクダ電子社製の解析機能付き心電図を導入致しました。心電計のデータも電子カルテから参照することが可能です。
 

低反発ベッド

処置室には、低反発ベッドを2台ご用意致しました。 低反発ベッドは、低反発性に優れており、身体の形状に合わせて全体がゆっくりと沈み込みます。 体圧を均一に吸収し、さらに分散して体を支えてくれます。 この体圧分散方式で体の血行を妨げず、頭や首に負担がかかりません。
 
レントゲン室・内視鏡室
レントゲン

XP検査装置(胸部・腹部レントゲン)

東芝メディカルシステム社製の超X線一般撮影装置を導入致しました。X線の被ばく線量を減量し、鮮明な画像を提供することが可能です。

電子内視鏡システム
(上部消化管内視鏡:胃カメラ)

オリンパス社製の細径の上部消化管内視鏡(経口・経鼻)を導入致しました。食道・胃・十二指腸の検査・診断を行います。

左が従来の経口内視鏡。
右が鼻からの経鼻内視鏡です。
内視鏡室
 
 
鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります。

苦痛が少ない

内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる、約5mmの細さです。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

吐き気が起きにくい

内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

会話ができる

検査中も会話が可能です。質問をしたいとき、気分を告げたいときなど、医師と自由にお話できるので安心です。
エコー室
エコー

腹部超音波診断装置(エコー)

東芝メディカルシステム社製の超音波診断装置を導入致しました。 肝臓、胆のう、膵臓などの腹部臓器を中心に検査や診断を行います。