tel: 0470-20-5955
休診日:木午後・土午後・日祝
▲ Top

はじめに

生活習慣病としての胆石症

食生活の欧米化に伴い、近年、胆石患者が増えているといわれています。特に高齢者や女性に多く、10〜15人に1人の割合で胆石を持っているといわれています。

生活習慣病の一つといえる「胆石症」。ですが、通常は、体内に胆石があってもあまり症状はなく、健康診断の超音波検査などでみつかることが少なくありません。

しかし、症状があまりないからといって安心はできません。

みぞおち辺りの激痛で知られる「疝痛発作」や「胆のう炎」など、手術が必要になる症状に進行することがあります。

胆石症といわれたら、まずは病気を良く知ってください。対策をたててうまく付き合えば、それほど苦しむ必要のない疾患です。

胆石症とは

胆石症とは
胆のうや胆管の中に石ができる病気です

胆石は、コレステロールや胆汁の成分などが固まったものです

胆石は、主に「胆のう」という胆汁を蓄える臓器の中にできます。成分は、コレステロールや肝臓の排泄物であるビリルビンが代表的です。

コレステロールは通常胆汁中に溶けていますが、量が増え胆汁中に溶けていられなくなると胆石になります。ビリルビンは細菌の影響で胆石になることがわかっています。そのほか、「胆道」や「肝臓の胆管」に胆石ができることもあります。

胆石は、主に腹部超音波検査(エコー検査)や、CTスキャンという苦痛を伴わない安全な画像検査で調べます。
脂肪肝の基礎知識|脂肪肝と診断された患者さんの比率

胆石症の症状

食後、みぞおち辺りに痛みや違和感があります

多くは無症状ですが、症状に気づかないことも

最近は、健康診断のときに「胆石症」と診断される人が多いことからも、多くの人は症状のあるなしに気づいていないことがあります。ときには症状に慣れてしまって異変として気づいていない人もいます。

胆石による症状は、食後に感じることが多く、次のようなものです。
みぞおち右側付近の鈍い痛み
みぞおち右側付近の違和感、不快な気分
右肩から背中付近の鈍い痛み、違和感
吐き気、おう吐
軟便(やわらかい便)
胃薬を服用しても上記の症状が変わらない(良くならない)
発熱・黄痘(ごくまれに)

将来、激しい痛みなとで手術が必要になることも

胆石と診断されて、上記の症状が思い当たる方は、将来、激しい上腹部の痛み「疝痛発作」や「胆のう炎」などに進行して、手術が必要になる危険性があります。

また、胆のう癌になる方は胆石を持っていることが多く、胆石は胆のう癌の発生に関係する可能性が疑われています。

胆石の症状かな? と思った方は、一度医師に相談しましょう。

胆石症の治療

胆のうの胆石の治療には
手術・溶解療法・体外衝撃波破砕療法があります

手術で石を胆のうごと取り出します

お腹の4ヶ所から器具を入れて力メラで観察しながう胆のうを切り離し、体外へ取り出す「腹腔鏡下胆のう摘出術」が広く行われています。傷はほとんど残らす、ほとんどの方が1週間程度で退院できます。胆のうは取ってしまっても特に問題はありませんが、腹痛や膨満感、下痢、胸やけなどが起きる人もいます。

体外から衝撃波を当てて石を砕きます

特殊な装置を用い、体外から石に向けて衝撃波を当て細かくする「体 外衝撃波破砕療法」があります。コレステロールの胆石に効果があります。1回の治療は40分程度で痛みもそれほどありませんが、入院して治療を行う場合もあります。

溶解療法は、主に「ウルソデ、オキシコール酸」による薬物治療です

このお薬は、コレステロールでできた胆石を溶かす効果があります。胆石の大きさ、種類によって石の溶け方は異なり、個人差があります。半年〜1年間くらいは服用して効果をみる必要があります。また、溶けるのが遅くても、痛みなどの症状を抑えたり、起こしにくくする作用がありますので、根気よく服用することが大切です。

医師・薬剤師の指導どおり、量・回数をしっかり守って服用しましよう。

胆石症の予防

脂肪・糖分控えめの規則正しい食生活が大切です

太った年配の女性が胆石になりやすいといわれています

中年以降の太った人、多産の人、女性、美食家、血縁者に胆石症が多い人、コレステロール値が高い人、糖尿病の人などは要注意です。また、急激なダイ工ットをした人、1日中座っていることが多い人なども胆石ができやすいといわれています。

栄養素をバランスよく摂取するととが食生活の基本です

最近多いコレステロール系の胆石は、糖質や脂質の摂りすぎが大きな原因の1つです。栄養素をバランスよく摂取することが基本です。食べすぎ、飲みすぎ、過労など、体のバランスを壊す不規則な生活も注意しましよう。

さらに胆石のある人はひどい痛みの発作を起こさないために、脂っこい食事は控え、脂っこくなくても一度に大量の食事をとることは控えましょう。

適度な運動は、胆汁の流れを良好にし、体重コントロールにも有効です

仕事で1日中座っている、テレビを見ている時間が長いなどあまり体を動かすことなく座っていると胆石ができやすい体になります。ウォーキングや水泳など適度な有酸素運動は胆石をできにくくするとともに、ストレス解消、体重コントロールにも役立ちます。

生活チェック表

あなたの生活をチェック!

1つで、もチェック項目があれば、生活を見直しましょう

生活チェック表

血縁者や家族に胆石症の人がいる
太っている
コレステロール値が高いといわれた
糖尿病である
甘いものや脂っこいものが好き
ストレスが多い
運動不足だ
資料提供
田辺三菱製薬株式会社:「胆石症がありますね」といわれたら
© Amano clinic. All rights reserved.